PROGRAM 初期研修

初期研修の魅力

家庭医療研修の目標は、診療所で遭遇する一般的問題に親しみ、継続した診療、良好な医師- 患者関係経験する中で、医師としての基礎的な診断能力に欠かせない病歴や身体診察による情報収集能力、医療面接技法、一般的な症候や健康問題への対応能力を養成することにあります。また、将来的に家庭医を目指す人にとっては、早い段階での家庭医としてのアイデンティティ形成、家庭医療専門研修の基礎を築くことにもつながり、各研修中に家庭医療の側面も常に意識することで、2年目の研修に一貫性を与えることも可能となります。

  1. 初期研修プログラムとは? ~先輩16人に聞いたプログラムの魅力~
  2. あなたの適正調べます!
  3. 初期研修からでも学べる家庭医療・総合診療とは?
  4. 帯広ライフの紹介

1. 初期研修プログラムとは?

北海道家庭医療学センターでは、帯広協会病院総合診療科に、2016年から家庭医療指導医、家庭医療・総合診療の専攻医が在籍しています。以前から初期研修にも力を入れていた十勝・帯広の急性期病院ですが、総合診療科の新設とともに初期研修の定員も増え、現在は8名に。お兄さん・お姉さん的な存在になる後期研修医も増えて屋根瓦方式となることで教育パワーがアップしている病院です。

初期研修プログラム2年間について

  • 消化器内科、循環器内科、総合診療科を2ヶ月ずつローテートする内科研修
  • 2ヶ月の救急研修
  • 当直は基本的に月4回です
  • 必修選択は、候補となる4つの診療科( 外科・麻酔科・産婦人科・小児科) から1~2つ選んで、1~2ヵ月のローテートになります。
  • 自由選択は2年間で10ヵ月で、1年目で2ヵ月の自由選択が保証されているわけではありません。(増える場合も減る場合もあります。)

  • 精神科を大江病院で1ヶ月、地域医療を北海道家庭医療学センターの各診療所を始め十勝管内や協会病院関連での地域医療が経験できます。
  • 自由選択の10ヶ月があります。



HCFM 初期研修ローテート



帯広協会病院在籍・経験の16人に聞きました!
5つの魅力『き・よ・う・か・い』

急性期から在宅復帰までの幅広い多様な患者さんを受け持つことで基本的な臨床能力が1例1例じっくり身につけられる環境です。自己学習の時間や、研修医対象のレクチャーなども充実しています。総合診療科は自由度が高く、バタバタ・ガツガツ派にも、丁寧派にも対応可能な研修です。

横のつながりが豊かで指導の手厚い研修医ライフが過ごせます。研修医同士、チーム感を作って切磋琢磨でき、コメディカルとのつながりや科の敷居の低さが魅力の病院です。

上の先生が北海道家庭医療学センターの家庭医療指導医や専攻医の先生達です。総合診療科の研修は医師の基本を学ぶにはとっても勉強になります! そしてどの科の先生も教育に手厚く、看護師さんや技師さんなどのコメディカルも若い・明るい・元気・優しい、そして優秀でいろいろ教えてくれます!

家庭医療を初期から学ぶためのハーフデイバックや家庭医療レクチャーが充実しています。ハーフデイバックは病院から南に45分の更別村診療所です。複数の家庭医がいる教育診療所です。歴史と実績のある北海道家庭医療学センターの、過ごすだけで家庭医療が学べる診療所に毎週通って学ぶことができます。

一番大切な生活研修環境、そして待遇面の充実。「十勝晴れ」と呼ばれる晴れの日が多く、冬場でも青空が広がる日が多いのが十勝の特徴です。十勝の食・スイーツは美味しく、休日は近場で本格的なアウトドアや温泉が楽しめます。また研修の自由度と給料が高い! のも魅力で、自分で自分の研修を作ることが可能です!

2. あなたの適正調べます!

向いている人

  • 家庭医療・総合診療、循環器内科、消化器内科、小児・周産期、スポーツリハ・整形に関心がある
  • 2次救急で救急医療・外傷・小外科を経験したい
  • 症例に丁寧に向き合い、学習時間も確保したい
  • 自由度の高い研修が好みで、一緒に初期研修・システムを作っていきたい
  • ガンガン症例を経験して、ガツガツと研修を行いたい
  • 三次救急やICUまで初期で研修したい(三次救急として帯広厚生病院との研修提携もあります)


3. 初期研修からでも学べる家庭医療・総合診療とは?

家庭医療指導医との
定期的な振り返り

総合診療科ではもちろん、2年間を通して定期的な振り返りの時間を確保します。

  • 研修にとって大切なのは臨床経験だけではありません。その経験からの学び、そして経験からの学びそのものが上手になることが大切です。
  • そのために、研修目標を立ててその評価とフィードバック、研修の環境やメンタルのサポートも行う振り返りを定期的に実施します。

更別村診療所での
ハーフ・デイ・バック

そこにいるだけで家庭医になれる教育診療所、それが更別村診療所です。希望者には各科ローテ中でも毎週半日の診療所研修があり、外来診療や在宅医療はもちろん地域活動を通して、病歴や身体診察など総合診療医に不可欠な疾患の情報収集の機会、また医療面接や患者とのコミュニケーション技法を学び、そして個々の患者の問題や気持ちに対応する能力を身に付けることができます。

家庭医療コアレクチャー

患者中心の医療の方法や家族志向型のケアなど家庭医にとっての必須の概念や、緩和ケア・在宅医療・漢方など将来にわたって重要なスキルや知識を身につけられる系統的なレクチャーを北海道家庭医療学センターの草場先生を中心に、時には外部からの豪華講師陣で提供します。

4. 帯広ライフの紹介

研修施設のある帯広市周辺には、広大な大地、菓子王国とかちのスイーツ、植物成分豊富なモール温泉など、日々の疲れをリフレッシュできる自然と食に満ち溢れています。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14



北海道社会事業協会帯広病院 総合診療科

北海道社会事業協会帯広病院 総合診療科

〒080-0805
帯広市東5条南9丁目2番地
TEL 0155-22-6600 FAX 0155-24-7076

平成13年には地域周産期母子医療センターとして認定を受け、帯広、十勝圏域の基幹病院としてその役割を担っている、300床の初期臨床研修病院。帯広・十勝地区における代表的な急性期医療を担う病院として、豊富な臨床症例を経験することにより、充実した卒後初期臨床研修ができるように配慮したプログラムになっている。診療科目は内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・麻酔科・精神科・泌尿器科・形成外科・リハビリテーション科・病理診断科・総合診療科