COVID-19と家庭医

堀 哲也

北海道社会事業協会帯広病院 総合診療科 部長



「病院組織の中で」

当院は感染症の指定病院ではないので、新型コロナウイルスの発症当初は当院では診ないというスタンスでした。
しかし国の思い描いたスキームとは違った形で、感染を疑う患者さんがうちの外来にも来るような流れができてしまい、4月に急きょ発熱外来を開設して、主に私が診察を受け持ちました。幸いにも、現在のところ検査対象になる患者さんは数名程度で、十勝全体を見回しても落ち着いた状態が続いています。従来私は病院の中でインフェクションコントロールドクター(ICD/感染制御の専門的知識を有するエキスパート)を担い、院内感染対策委員会に所属していて、今回も病院内における新型コロナウイルス対応の実務全般を担当しました。

感染が疑われる患者さんの受け入れに備えて病院内のゾーニングを行ったり、搬入・搬出経路の計画を立てました。入院患者をどの順にどの経路で移し、どこをスタッフの待機場所にして、対応したスタッフのホテル確保をどうするかといったところまで綿密にシミュレーションを行いました。多くの部署が関わることなので当然私一人では限界があります。看護部や事務方のリーダーと連携を取る中では、他部署のスタッフをうまく動機付けたり、モチベーションを高めるスキルが求められ、HCFMのフェローシップの学び、特に「診療所経営」領域で勉強したことが大いに役に立ったという実感があります。

PA GE TOP