私たちが目指すのは、
「本物」の家庭医。

PROGRAM 後期研修

後期研修プログラム3つの魅力

日本専門医機構総合診療専門制度・日本プライマリ・ケア連合学会に認定された4年制プログラムです。全国各地に家庭医を輩出し続けてきた歴史ある家庭医育成プログラムを引き継いでいます。指導医層の厚みや多様なサイト展開を活かし、多くの教育コンテンツと一人ひとりの専攻医が安心して学べる研修環境を提供します。研修終了時の目標として、環境に合わせて自分自身で成長し続けられる「自立した省察的実践家としての家庭医」を掲げ、日々の振り返りから学びを深めることを大切にしています。

1. 多様かつ一貫した熱い教育プログラム

HCFMのプログラムでは病棟、都市部診療所、郡部診療所と3種類の研修先を通じて家庭医の基礎を学びまず。全ての研修施設でHCFM医師による指導を担保し、指導医陣が頻繁に情報共有や議論を行うことで、専攻医一人ひとりの成長が一貫して熱くサポートされる体制になっています。

救急・病棟における実践の基礎やcommon diseaseの管理、臨床推論の土台を取得します。仲間や指導医と共に議論しながら成長しあえる「ホーム」のような環境です。定期的に「ハーフ・デイ・バック」という枠組みで診療所における基礎研修も行っており、病棟と診療所の実践を比較させながら家庭医としての基礎をかためることができます。その他、個別ニーズに柔軟に対応できる「選択研修」の期間も用意されます。

各自治体と提携した有床診療所で1年間の研修を行います。顔の見える多職種連携が実践できるほか、外来・救急の件数が多く、common diseaseの入院管理も行うため、群部ならではの幅広い学びが得られます。

都市部の無床診療所で1年間の研修を行います。外来診療では家庭医療の基礎に照らしながら、一例一例深める実践を行います。訪問診療では件数が多いため、多様な経験を通じて柔軟な実践力が身につきます。


後期研修4年間のローテート例

※総合診療科病棟研修と診療所研修の指導はHCFMプログラムを修了した医師が行います
※HDB(ハーフ・デイ・バック):半日間診療所へ出張し基礎研修を行うプログラムです

2. とびきり充実した教育コンテンツ

HCFMでは専攻医や指導医層の厚みを活用し、多面的な学びの機会を充実させています。各教育コンテンツを通じて振り返りと言語化を積み重ねることで、自らの経験を糧に日々着実に成長していきます。

on-the-job training 各研修施設で学ぶ

  • 振り返り
    1か月ごとのサイト指導医と専攻医の間で月単位の振り返りと半年経過した際の中間振り返り、1年間の最終振り返りを行っております。
    研修目標ごとの自己評価を行い、指導医と共に形成的評価実施。
    その後の学びをさらに深める方法を探っていきます。
  • CBD:Case-Based Discussion
    症例基盤型ディスカッション
    専攻医または指導医が最近診察した患者の診療録を1名選び、診療内容についてディスカッションを行う。
  • SEA:Significant Event Analysis
    医療ミスやスタッフとの衝突など、専攻医自身が感情を揺さぶられた経験をもとに、感情の共有や家庭医としての成長のきっかけを指導医とともに探索する。
  • Video Review
    医療面接の様子をカメラで撮影し、診察終了後に指導医とともにチェックし面接内容に関してディスカッションを行う。
  • FMカンファレンス:Family Medicineカンファレンス
    専攻医が診療に苦慮した事例を1例選び、専攻医の疑問点や苦慮したポイントに関してディスカッションを行う。
    指導医がファシリテートしながら家庭医としての学びを抽出する。



on-line 自宅か職場から学ぶ

  • on line FaMReF
    ※FaMReF:Family Medicine Resident Forum

    指導医が家庭医療の概念や実践についてのレクチャーを行う。
  • EBMの学び
    専攻医のEBMの学びを深めるため、実際の診療で判断に苦慮した症例に関する論文を選択し、批判的吟味を行う。
  • グランドカンファレンス
    診療推論能力・プレゼンテーション能力の向上と、他サイトメンバーの情報交換・成長課程の共有を目的とし、実際に遭遇した症例のプレゼンを行う。
  • 臨床力向上カンファレンス
    専攻医同士で行っている疾患あるいは症候別の勉強会。
    専攻医が持ち回りでcommon diseaseや興味のある分野についてレクチャーを行い、その後のディスカッションを通じて臨床上感じる疑問やclinical pearlの共有を行う。



on-site みんなで集まって学ぶ

  • on site FaMReF
    全専攻医が1か所に集合。家庭医としての学びを各専攻医が発表し、相互にフィードバックを行う。
    指導医はアドバイザーとして家庭医の学びのポイントを抽出する。
  • ポートフォリオ発表会
    年1回全専攻医が1ヶ所に集合。作成したポートフォリオを各専攻医が発表し、相互にフィードバックを行う。
  • ごちゃまぜ勉強会
    全専攻医とHCFMに関わる多職種が一同に会し実際の症例をテーマにしたグループディスカッションを行う。自分と違う職種から得られる新たな視点に刺激を受け、普段会うことのない他サイト職員との交流を深める。


3. チャレンジを後押しする支援の輪

専攻医がそれぞれの目標へ向かって思い切りチャレンジできるよう、様々な支援を用意しています。結婚や子育てといった専攻医のライフサイクルから個別の研修内容、研修修了後のキャリアまで幅広く相談も行えます。専攻医の自主性も尊重されており、専攻医チーフを通して法人運営や研修環境、プログラムの改善に携わる事もできます。

4. 応募から選考試験までの流れ

2018年度の募集は終了しました

PA GE TOP