専門研修コース
家庭医療学専門医コース/総合診療専門医コース

専門研修プログラム3 つの魅力

日本専門医機構総合診療専門医制度・日本プライマリ・ケア連合学会に認定された4年制プログラムです。全国各地に家庭医を輩出し続けてきた歴史ある家庭医育成プログラムを引き継いでいます。指導医層の厚みや多様なサイト展開を活かし、多くの教育コンテンツと一人ひとりの専攻医が安心して学べる研修環境を提供します。研修修了時の目標として、環境に合わせて自分自身で成長し続けられる「自立した省察的実践家としての家庭医」を掲げ、日々の振り返りから学びを深めることを大切にしています。日本プライマリ・ケア連合学会 の新・家庭医療専門研修プログラムの研修も並行して行うことで、国際標準の家庭医/総合診療専門医として活躍していくことを目指します。

専門研修プログラム運営担当責任者 メッセージ/安藤高志 医師
1 | 多様かつ一貫した熱い教育プログラム
2 | とびきり充実した教育コンテンツ
3 | チャレンジを後押しする支援の輪
応募から選考試験までの流れ

専門研修プログラム運営担当責任者 メッセージ

安藤高志 医師

初期研修・専門医養成委員会 委員長
国民健康保険上川医療センター 院長

自立した省察的実践家へ。

専門研修プログラムでは、その到達目標を「自立した省察的実践家としての家庭医」と掲げています。「自立した省察的実践家」とは何でしょうか。

Read More

家庭医が診る領域は体全体なので、経験したことのない症状や疾患に遭遇するケースも少なくありません。研修中であれば指導医と相談できますが、研修修了後は一人で考えて対処しなければならない場合もあります。一人で切り抜けるために大切なのが省察です。

この力を養うために私たちが大切にしているのは「振り返り」です。症例を振り返り、患者さんのコーディネートはどうだったのか、指導医と専攻医でディスカッションをします。このとき指導医は問いかけを行います。「なぜ患者さんの質問に答えられなかったのだろうか?」「患者さんともめてしまったとき、どんな感情だったのか?」……。肝心なのは、一人になったときにも同じように自分に問いかけられるかどうか、なんです。疾患に関する医学的な知識は教科書で解決できるでしょう。けれども、患者さんともめたときの自分の感情というのは気づかなかったりするものです。みなさんは自分自身で問いを立て、自分の感情に向き合うことができるでしょうか。

私の場合もそうですが、後期研修が修了した直後は壁にぶつかるたびに「あの先生(指導医)だったらなんて言うかな?」と考えました。自分の中に「指導医がいる」状態ですね。それがいつしか自分なりに問いが立てられるようになり、その先生は消えていきました。「自立した省察的実践家」とはそういう状態なんだと、私なりに考えています。

さまざまなセッティングと一貫した指導。

HCFMではさまざまな診療のセッティングを、段階を踏みながら経験できます。病院、郡部の診療所、そして都市部の診療所。セッティングが変われば求められる家庭医像も変わります。日々それを追い求めるうちに、気がつけばどんなセッティングでも対応できる力が身についていきます。

私を含め、HCFMの医師がそれを実感したのは東日本大震災のあとの支援活動のときでした。被災地では長期間停電が続き、電動ベッドが動かないために、床ずれに悩む寝たきりの患者さんが後を絶ちませんでした。褥瘡の治療は訪問診療では頻繁に経験するところです。私は郡部の診療所が長いので訪問診療のセッティングで褥瘡を診るのは久々でしたが、都市部診療所での研修で何度も診ていたので、すぐに対応できました。

もう一つ、別の面もありました。電力が復旧し、全国から集まった支援医師がそれぞれの地域に帰ることになったのですが、もともとその地域には訪問診療を行える医療スタッフが不足していたんですね。そこで私達が帰った後のその地域の医療体制をどうするか、地元の先生たちと支援医師たちとで相談し、その体制づくりをしていきました。こうした視点というのは、“地域をまるごと診る”郡部診療所での経験が生きています。いろいろな要素がまじりあったところに、私たちの教育の強みがあると実感しました。

HCFMのもう一つの特徴が指導医です。当センターの指導医は、HCFMで家庭医療を体系的に学んだ家庭医ばかりですから、どのセッティングでも「同じ考え」「同じ熱意」を持ち、「同じ言語」で一貫した指導を行うことができます。指導医自身がしっかりとした基準を共有しているので、ブレない、迷わない家庭医療教育を提供できると自負しています。また、定期的に指導医間で教育そのものの振り返りをして、日々プログラムの向上に努めています。いま力を入れているのが、2016年から自前での研修をスタートさせた帯広協会病院における病棟研修と、従来私たちが実践してきた郡部・都市部での診療所研修との連動をさらに強化することです。

私たちは開設以来二十余年の積み重ねの上に、不断の磨き上げを行いながら、これからもプログラムを進化させてまいります。

1 | 多様かつ一貫した熱い教育プログラム

HCFMのプログラムでは病棟、都市部診療所、郡部診療所と3種類の研修先を通じて家庭医の基礎を学びまず。全ての研修施設でHCFM医師による指導を担保し、指導医陣が頻繁に情報共有や議論を行うことで、専攻医一人ひとりの成長が一貫して熱くサポートされる体制になっています。

病棟研修

救急・病棟における実践の基礎やcommon diseaseの管理、臨床推論の土台を取得します。仲間や指導医と共に議論しながら成長しあえる「ホーム」のような環境です。

定期的に「ハーフ・デイ・バック」という枠組みで診療所における基礎研修も行っており、病棟と診療所の実践を比較させながら家庭医としての基礎をかためることができます。その他、個別ニーズに柔軟に対応できる「選択研修」の期間も用意されます。

研修施設

郡部診療所研修

各自治体と提携した有床診療所で1年間の研修を行います。顔の見える多職種連携が実践できるほか、外来・救急の件数が多く、common diseaseの入院管理も行うため、郡部ならではの幅広い学びが得られます。

研修施設

都市部診療所研修

都市部の無床診療所で1年間の研修を行います。外来診療では家庭医療の基礎に照らしながら、一例一例深める実践を行います。訪問診療では件数が多いため、多様な経験を通じて柔軟な実践力が身につきます。

研修施設

専門研修コース4年間のローテート例

2 | とびきり充実した教育コンテンツ

HCFMでは専攻医や指導医層の厚みを活用し、多面的な学びの機会を充実させています。各教育コンテンツを通じて振り返りと言語化を積み重ねることで、自らの経験を糧に日々着実に成長していきます。

on-the-job training 各研修施設で学ぶ

  • 振り返り
    1か月ごとのサイト指導医と専攻医の間で月単位の振り返りと半年経過した際の中間振り返り、1年間の最終振り返りを行っております。
    研修目標ごとの自己評価を行い、指導医と共に形成的評価実施。
    その後の学びをさらに深める方法を探っていきます。
  • CBD:Case-Based Discussion
    症例基盤型ディスカッション
    専攻医または指導医が最近診察した患者の診療録を1名選び、診療内容についてディスカッションを行う。

  • SEA:Significant Event Analysis
    医療ミスやスタッフとの衝突など、専攻医自身が感情を揺さぶられた経験をもとに、感情の共有や家庭医としての成長のきっかけを指導医とともに探索する。

  • Video Review
    医療面接の様子をカメラで撮影し、診察終了後に指導医とともにチェックし面接内容に関してディスカッションを行う。

  • FMカンファレンス:Family Medicineカンファレンス
    専攻医が診療に苦慮した事例を1例選び、専攻医の疑問点や苦慮したポイントに関してディスカッションを行う。
    指導医がファシリテートしながら家庭医としての学びを抽出する。


on-line 自宅か職場から学ぶ

  • on line FaMReF
    ※FaMReF:Family Medicine Resident Forum
    指導医が家庭医療の概念や実践についてのレクチャーを行う。

  • EBMの学び
    専攻医のEBMの学びを深めるため、実際の診療で判断に苦慮した症例に関する論文を選択し、批判的吟味を行う。

  • 臨床力向上カンファレンス
    専攻医同士で行っている疾患あるいは症候別の勉強会。
    専攻医が持ち回りでcommon diseaseや興味のある分野についてレクチャーを行い、その後のディスカッションを通じて臨床上感じる疑問やclinical pearlの共有を行う。


on-site みんなで集まって学ぶ

  • on site FaMReF
    全専攻医が1か所に集合。家庭医としての学びを各専攻医が発表し、相互にフィードバックを行う。指導医はアドバイザーとして家庭医の学びのポイントを抽出する。

  • ポートフォリオ発表会
    年1回全専攻医が1ヶ所に集合。作成したポートフォリオを各専攻医が発表し、相互にフィードバックを行う。

  • ごちゃまぜ勉強会
    HCFMに関わる多職種が一同に会し実際の症例をテーマにしたグループディスカッションを行う。自分と違う職種から得られる新たな視点に刺激を受け、普段会うことのない他サイト職員との交流を深める。

3 | チャレンジを後押しする支援の輪

専攻医がそれぞれの目標へ向かって思い切りチャレンジできるよう、様々な支援を用意しています。結婚や子育てといった専攻医のライフサイクルから個別の研修内容、研修修了後のキャリアまで幅広く相談も行えます。専攻医の自主性も尊重されており、専攻医チーフを通して法人運営や研修環境、プログラムの改善に携わる事もできます。

A|メンタリング

ポートフォリオの作成支援・研修修了後のキャリアなど、さまざまな相談が可能です。

B|研修施設の上級生

上級生との食事会や交流会も頻繁に開催され、気軽に相談できる環境が整っています。

C|事務局

研修に専念できるよう、事務局も一体となってプログラム運営をサポートしています。

D|学び合い

同期や先輩後輩と切磋琢磨しながらの学び合いは長いキャリアの宝になります。

応募から選考試験までの流れ

総合診療専門研修を希望される方は日本専門医機構の専攻医登録システムで事前登録を行う必要があります。

募集要項

募集対象

2021年3月以前に初期臨床研修を修了する方

募集人数

12名

研修期間

4年間

身分

北海道家庭医療学センター 正職員

待遇

当法人規定に準じて給与および福利厚生を支給
(詳細はお問い合せください)

選考方法

願書・推薦状・面接・症例レポート(事前)

選考日程

2020年10月10日(土)
オンラインでも対応可能です。お気軽にご相談ください。


必要書類の郵送・お問い合せ先

北海道家庭医療学センター事務局
〒007-0841 北海道札幌市東区北41条東15丁目1-18
TEL. 011-374-1780 FAX. 011-722-9387
E-mail:info@hcfm.jp


見学・実習のお申し込み

関心のある方は、まず北海道に見学に来て、診療と研修の実際をご自分の目で確認していただければと思います。北海道の地より、皆様の応募を心よりお待ちしております。

PA GE TOP